フランス語で気持ちを伝えよう<ありがとう>

2017年10月09日(月) #贈り物のお話


誰かにお礼を言いたいとき、何かちょっとした贈り物(チョコレートやお花など・・・)と一緒に、一言お礼の言葉を添えると良いものです。

フランスのお礼の習慣、フランス語で<ありがとう>の気持ちを伝えたい時に何というか、さっそく見ていきましょう!

 

フランス語で気持ちを伝えよう<ありがとう>

 

マルセル・プルーストがこんなことを言っていました:

僕たちに幸せを与えてくれる人々に感謝の気持ちを忘れないようにしよう。彼らは気持ちの良い庭師のようなものだ。彼らの陰で僕たちの心に花が咲くのだ。

 

せっかくですから、こんな気持ちに相手をさせる贈り物や気の利いた一言を工夫したいものです。

 

 

誰かにお礼をいう時には短い言葉のほうが良いでしょう。メッセージがシンプルであればあるほど、お礼の気持ちは強く明瞭に伝わるものです。

 

以下にシンプルで明瞭なフランス語のお礼の言葉、<ありがとう>の例文をご紹介します。

 

(1) Merci pour ta carte d'anniversaire. (誕生日カードありがとう。)

(2) Merci pour ton cadeau d'anniversaire. (誕生日の贈り物ありがとう。)

(3) Merci d'être venu à ma fête d'anniversaire. (僕の誕生日に来てくれてありがとう。)

(4) Merci pour ton invitation. (招待してくれてありがとう。)

(5) Merci pour ton soutien. (支えてくれてありがとう。/勇気づけてくれてありがとう。)

(6) Merci pour tes vœux. (君の祈念に感謝します。)

 

POINT

1. それほど距離が近くなかったり親しくない相手、上司、先輩に対する時には、tonやtes(君)をvotreやvos(あなた)に変えましょう。

2. お礼のカードなどは、フランスでは翌日には贈り、感謝の気持ちを届けるようにと言われています。

3. お礼のカードは、礼儀正しさと同時にパーソナルタッチ(あなたの感じたことや気持ち)の感じられる一言も添えると良いでしょう。

 

手紙を書くよりも、気の利いたカードの短い言葉を書いたほうが効果的にお礼の気持ちが伝わります。

 

カードは、高価ではなくとも非常に質の良い趣味の良いものを選びましょう。

 

ギリシアの哲学者テオクラトスの次のような言葉なども、適宜に引用できると気が利いた感じがでますね(シチュエーションは考えてくださいね)。

 

Venant d'un ami, tout nous est précieux. 友人からの贈り物は、どんなものでも私たちにとっては貴重なものです。

 

 

****

メッセージカードには、創立1890年のパリの老舗文房具店のカードがおすすめです。

ArmorialParis アルモリアル・パリのメッセージカードセット

Armorial Paris アルモリアル・パリ メッセージカードセット

¥19,300

 

お礼のカードと一緒に最高級のチョコレートやビスケットを贈ってみてはいかがでしょうか?

Joël Durand ジョエルデュラン ショコラティエ

Joël Durand ジョエルデュラン アルファベットショコラ16粒

¥5,920

 

Joël Durand ジョエルデュラン ショコラティエ

Joël Durand ジョエルデュラン アルファベットショコラビスケット

¥1,500

 

 


尚、フランス語の代筆、フランス語での商品のコピーライティングのご依頼は、こちらからお問合せください。